About

Ebihara Rogen

書道家、墨アーティスト、⽂化庁⽂化交流使。1961年に栃⽊県の下野市で⽣まれ、4歳より書を学ぶ。作品は、カナダ歴史博物館、在フランス⽇本⼤使館、⼤明寺(中国)、陝⻄省歴史博物館(中国)、在⽇イタリア⼤使館(東京)、ホテル雅叙園東京などに収蔵。中国・清時代の乾隆御墨や⽇本の古墨、⾃らが調合した墨を⽤い、古典に倣いながら書にもっともふさわしい⾊を探求している。86年に有楽町マリオンで初個展を開催。92年、バチカン宮殿「謁⾒の間」にてローマ法王ヨハネ・パウロ2世に作品《翼》《蜂》を献呈。93年にNHKスペシャル『地の底への精霊歌〜炭鉱に⺠話の⽣まれる時〜』、NHK銀河テレビ⼩説『欅通りの⼈々』のタイトルを執筆したほか、これまで映画や舞台、テレビドラマの題字や、CDジャケット、書籍などのアートワークも多く⼿がけている。12年には⽂化庁より⽂化交流使に任命され、翌年にイタリアへ派遣される。18年に中国北京対外友好協会、⽇中和平友好条約締結40周年記念イベントにて、書道揮毫パフォーマンスを披露。20年、強羅花壇(神奈川・箱根)にて作品展「海⽼原露巌の墨の世界」、21年にはキンプトンホテル東京にて、ROGEN SUMIART展 Time for Dreamingを開催。また「書巌の会」を主宰している。海⽼原露巌の作品は、蓄積された⼈間観、世界観、⾃然観を捉えた「哲学」を体現する。彼の「書」は、「⾔葉」が持つ⼒の可能性を広げ、私たちが普段使う「⾔葉」の固定観念を真っ向から崩すエネルギーに満ち溢れている。海⽼原は「書」の芸術性やその概念の理解を⽇本や中国以外の海外でも深めていくため、グローバルな活動を熱⼼に⾏なっていることでも知られる。83年にはニューヨークに渡り、セントラルパークで⽑氈を広げて実験的にゲリラ的なパフォーマンスも⾏っている。今でこそ、⼀般的にも知られるようになった書のパフォーマンスだが、海⽼原がパフォーマンスをする書家としてのパイオニアであることは、あまり知られていないかもしれない。現代アート作品においても国内外から評価が⾼い海⽼原だが、彼の作品の特筆すべきところは、東洋的概念と⻄洋的概念の枠組みに捉われない美の創造性にあるところだ。⻄洋的な空間概念をも吸収した⽂化的、美意識的に⾮常に厚みのある彼の作品を⾒れば、「書」が東洋と⻄洋という⽂化の境界線を越え芸術の架け橋になることを⽰すアーティストとしても、今、彼の右に出るものはいないだろう。また、「古典をしっかり学ぶことで、書に迷いがなくなる」と語る海⽼原は、古典作品にも真摯に向き合う書家としても知られる。古典を学ぶことは、古典の書の美しさの根源を解き明かし、歴史を超えて今に残る書の⼒の原理・法則を理解し、習得することである。そこで、⾃分なりの書の解釈を模索していき、後世に残る作品を創り上げていくことが可能になる。海⽼原は、それを使命として筆を揮い続けている。「⼈⽣のなかで吸収してきたあらゆる⽂化や蓄積された造詣が、⼈々の共鳴を⽣み、芸術へのさらなる理解を育む」と、海⽼原は考える。⾰新性、精神性、古典的な優美さ、それらが⼀体となった彼の美学は、私たちを魅了してやまない。彼の作品が⽣み出される魔法のようなその瞬間に、より多くの⼈が⽴ち会えることを願うばかりだ。

Text by Akiko Yamanaka

書道家 海老原露巌 経歴

1961年

栃木県下野市生まれ

1982年

日本書道専門学校中国使節団員として 訪中 北京大学にて書の交流会参加

1984年

「墨アート−音楽を書す」主演出演 書道パフォーマンス日本初演
NHK「You」出演

1986年

有楽町マリオンにて初の個展を開催

1987年

世界平和祭典出演 ニューヨーク ロスアンゼルス 書パフォーマンス
山梨銀行「風林火山」ポスター執筆

1989年

フジテレビ「日本の夏」、「甦れいのち、ボストンへの道」タイトル執筆
松竹、フジテレビ「魔像」「太郎が歌った」タイトル執筆
「幻に心もそぞろ狂おしのわれらが将門」(夜想会、シアターアプル)タイトル執筆
関西テレビ「夫婦善哉」タイトル執筆

1990年

富山市民プラザ内AZコレクションにて個展開催
シアターアプル公演「リア王」(滝田栄主演)タイトル執筆
第一製薬(現第一三共株式会社)「センロック」広告キャッチコピー執筆
映画「TILL THE END OF THE WORLD」(夢の涯てまでも)(ヴィム・ベンターズ監督作品)ロゴ執筆
テレビ朝日ドラマ「美しい嘘つけますか」タイトル執筆
JAM出版写真集「Bob Gruen’s Works JOHN LENNON」タイトル執筆

1991年

映画「咬みつきたい」(緒形拳主演)タイトル執筆
電通アド・ギャラリーにて個展「Solsbury Field」開催
宝島出版「LED ZEPPELIN:a celebration by Dave Lewis」日本版タイトル執筆
テレビ東京ドラマ「青春の門」(渡部篤郎、役所広司、黒木瞳主演)タイトル執筆

1992年

ヴァチカン宮殿「謁見の間」にて、ローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世に作品「翼」「蜂」の二作品献呈
フジテレビドラマ「また喝采が聞こえる」タイトル執筆
永島暎子写真集・ビデオ「ミッドナイト・エモーション」ロゴ執筆
日本テレビ「教師夏休み物語」(石橋凌主演)(13回連続)タイトル執筆
テレビ朝日「往診ドクター事件カルテ」(13回連続)(柴田恭平出演)タイトル執筆

1993年

パリ市立「CMP」付属「Galerie Espace Art & Patrimoine」展覧会
NHKスペシャル「地の底への精霊歌」タイトル執筆
NHK銀河テレビ小説「欅通りの人々」(19回連続)タイトル執筆

1994年

赤坂「游ギャラリー」にて個展 RAINY BLUE−青墨−「海老原露巌 墨アート展」開催
LOUDNESS高崎晃ソロアルバム「氣」タイトル、アートワーク執筆
NHKドラマ「否認」(前後編)タイトル執筆
フジテレビ感動エクスプレス「藤波辰爾の熱情砂漠紀行」タイトル執筆
主婦の友社月刊誌’ef「みはてぬゆめ」タイトル、アートワーク執筆(1994.6〜1996.6 24回連続)
日本テレビ「遠山金志郎美容室」(11回連続)タイトル執筆
キリン「秋味」ロゴ執筆
箱根強羅花壇に20作品が収蔵される

1995年

「MICHAEL JACKSON カウントダウン・セレモニー」タイトル執筆
カナダ、ケベック州立文明美術館に作品「閃光」「さくらさくら」「心華」等六点収蔵
劇場用映画「さよならニッポン!」タイトル執筆
NHK新銀河テレビ小説「母の出発」(20回連続)タイトル執筆
日本楽劇協会制作日伯100年就航記念オペラ「夕鶴」サンパウロ公演タイトル、アートワーク執筆
フジテレビ感動エクスプレス「中央アジア大草原を駆ける」タイトル執筆
目黒雅叙園 平成の間に1作品収蔵

1996年

赤坂「游ギャラリー」にて個展「海老原露巌−青の響き−」開催
青山「酉福」にて「露の會」第一回開催
LOUDNESS高崎晃ソロアルバム第二集「輪」タイトル、アートワーク執筆
新潮社「SINRA」12月号特集「氣の健康術」氣を執筆

1997年

赤坂「游ギャラリー」にて個展「呪縛からの開放」開催
関西テレビハイビジョン制作「ジパング」タイトル執筆
日本生命相互保障会社 新宿NSビルに作品13点が収蔵される

1998年

藤井秀樹、塚越応鐘「百花繚乱」展タイトル執筆及び作品出品
赤坂「游ギャラリー」にて個展「SUMI1」開催
箱根強羅花壇に20作品が収蔵される
韓国ソウルシティクラブホテルに作品18点が収蔵される

1999年

赤坂「游ギャラリー」にて個展「SUMI2」開催
海老原露巌/藤井秀樹 コラボレーション作品制作発表 コダックフォトサロン他全国にて展示
レコード芸術特別対談 NHK交響楽団音楽監督シャルル・デュトワ/海老原露巌
JCBカード誌 THE GOLD 1月号 ゴールド人間文庫掲載

2000年

TBS系JNNニュースバード新春企画「海老原露巌の世界」ドキュメンタリー出演
書の展示&デモンストレーション 発表イベント 沖データMICROLINE幕張メッセにて
カンボジア チャリティー公演「美しき人達」タイトル執筆

2001年

ユニバーサルミュージックCD「旬」タイトル・アートワーク制作
TBSラジオ「悠々ワイド」ゲスト生出演
ユニバーサルミュージックCD「旬Ⅱ」タイトル・アートワーク制作

2002年

藤井秀樹個展 プランタン銀座 作品出品
藤井秀樹写真集「救いと微笑み」愛と友情のアンコール小児病院 タイトル HELP AND SMILE執筆
PEACE ART 100人展出品
TBS系JNNニュースバード「ニュースの視点」タイトル執筆

2003年

プロ野球マスターズリーグポスター制作
NHK「公園通りで会いましょう」出演 津軽三味線木下伸市との対談、コラボレーション

2004年


ROLEX主催「ヨーヨー・マ&キドン・クレメール日本公演」タイトル・アートワーク執筆
信州名醸株式会社 限定酒「幕末づくり」ロゴ執筆

2006年

小津ギャラリーにて「夢幻泡影展」開催
箱根強羅花壇に10作品が収蔵される

2007年

新橋「古径」にて「露の會」第二回開催
赤坂「游ギャラリー」にて個展「SUMI海老原露巌の書展」

2008年

赤坂「游ギャラリー」にて「露の會」第三回開催
日本華道連盟主催「時代彩るいけばな百花繚乱展」作品展示
全日空(ANA)機内誌「翼の王国」4月号・10月号・11月号掲載
Automechanika Frankfurtにて新日本石油(ENEOS)のプロモーション映像に出演(HONDA Racing F-1 Teamとのコラボレーション映像)

2010年

林屋晴三氏亭主の茶の湯同好会において床の間に作品を抜擢される
ヘルベルト フォン カラヤン CDジャケツトデザイン監修担当(キングレコード レコードアカデミー賞ノミネート)
在日本イタリア大使館 4作品収蔵
3年ぶりの7回目の個展を赤坂游ギャラリーで開催
高松宮殿下記念世界文化賞 書道揮毫パフォーマンス 在日本イタリア大使館

2011年

中国楊州 大明寺(鑑真和尚出身)に作品「曜」を収蔵
新宿柿傳ギャラリーにて展覧会開催
Nobu Tokyo X Rogen Ebihara ~アートと食の融合~ Four Seasons Hotel丸の内にて開催
中国 帳家港市 鑑真和尚 東渡祭 日本代表として 書道揮毫パフォーマンス
中国 西安 昭陵にて 書道揮毫パフォーマンス
韓国 釜山 世界女性会議にて 書道揮毫パフォーマンス
FMラジオ J WAVE ロハストーク出演
theory東日本大震災チャリティーTシャツ【絆】題字揮毫 デザイン監修

2012年

伊勢丹三越新宿店にて個展「墨アートの美」開催
中国 西安 大興善寺にて 展覧会 作品収蔵
文化庁より文化交流派遣師として任命される
中国 西安 陝西省歴史博物館 作品収蔵
シェフィールド大学(イギリス)にて書道の講義と書のワークショップを開催する(日本研究50周年記念イベント)
新宿柿傳ギャラリーにて展覧会開催
中国 西安 陝西省歴史博物館にて 陝西省仏教協会成立50周年記念 中日友好書道展覧会出展
黒松白鹿 辰馬本家酒造フラッグシップ純米酒【黒松】題字揮毫 デザイン監修
菊池寛実記念 智美術館 金重有邦展覧会にて 作品【道】展示
菊池寛実記念 智美術館 茶の湯の現代-用と形-展覧会にて 作品【蒼】展示

2013年

パリ日動画廊にて個展開催
文化庁文化交流派遣使としてイタリアのローマ大学、ミラノ大学、ブェネチア大学にて書講義と書ワークショップを開催。
在フランス日本大使館作品 行 収蔵
フランス パリ日本文化会館作品【ブラック・イン・ブラック】収蔵
フランス オルレアン大学にて 書道講義 書道ワークショップ開催
フランス パリ日本文化会館にて 書道講義 書道ワークショップ開催
フランス パリ ブリストルホテル MOFエリックフレッション氏と食と書のコラボレーション開催
中国 西安 陝西省博物館 碑林にて 書道揮毫パフォーマンス 作品収蔵
中国 西安 昭陵博物館にて 書道揮毫パフォーマンス 作品収蔵
フジテレビBS 海老原露巌の世界 放映
フランス パリ日動ギャラリーにて展覧会開催

2014年

シンガポールアートサイエンス美術館にてプロジェクトマッピング(サウンドオブ生け花)に書道揮毫コラボレーション(京都大学教授土佐尚子氏)
伊勢丹 新宿店にて展覧会「墨の聲」を開催
箱根 強羅花壇にて展覧会「墨アート展」を開催
群馬県華道連主宰 華道大学ににて書道講義と書パフォーマンス
第一回 書巌の會臨書展覧会 池袋芸術劇場にて開催
黒松白鹿 辰馬本家酒造 純米大吟醸酒【おづ】題字揮毫

2015年

フランス パリ日動ギャラリーにて展覧会開催 写真家 アントワンヌ・プーペル氏とコラボ
京都天龍寺 宝厳院にて書会開催
社団法人志教育プロジェクト、書道揮毫パフォーマンス志奉納(明治神宮)
日本華道連盟主宰 華道大学講座にて書道講義と書道揮毫パフオーマンス
裏千家淡交会青年部主宰「GO縁とパッション」にて書道講義と書道揮毫パフォーマンス(星陵会館)

2016年

神奈川県大磯警察署 武道始式にて書道揮毫パフォーマンス
ジャポニズム振興会 東京大会にて書道揮毫パフォーマンス
京都大学 情報メディア学科にて書道講義とワークショッブ開催
銀座柳画廊にて展覧会開催
ニューアートミュージアムにて 未来の中の伝統美 展覧会開催
文化庁文化交流使会 理事就任
東京都青梅市立美術館にて 青梅アート展覧会出展
ものづくり・匠の技の祭典2016 東京国際フォーラムにて書道揮毫パフォーマンス 左官 狭土秀平氏とコラボレーション作品制作
第二回 書巌の會臨書展覧会 池袋芸術劇場にて開催
北鎌倉 円覚寺 塔頭龍隠庵 作品【行】【幸】収蔵

2017年

台北ホワイトストーンギャラリーオープン記念展覧会に出展
中国 西安 青龍寺講堂にて 王羲之から空海へ 海老原露巌一門展覧会開催
読売テレビ制作 日テレ全国放送 ウェークアップ ドキュメント出演
香港そごうにて、現代アート展にて出展
文化庁にて 文化庁文化交流使会主催 常磐津文字兵衛氏と書道揮毫パフォーマンスコラボレーション
北鎌倉 円覚寺 塔頭龍隠庵にて書巌の會・書会・書稽古開催

2018年

銀座上田ギャラリーにて個展開催
「世界の墨アート展」銀座ホワイトストーンギャラリーに出展
フランス パリ日動ギャラリーにて展覧会開催 海老原露巌一門展覧会同時開催
中国北京対外友好協会、日中和平友好条約締結40周年記念イベントにて、書道揮毫パフォーマンス
第三回 書巌の會臨書展覧会 池袋芸術劇場にて開催

2019年

京都大学•ロンドン大学合同主催アートイノベーション展覧会に作品出展展示、題字揮毫
フランス パリ・オペラ座にて 大作作品【花舞】展示
文化庁文化交流使の会主宰、箏曲榎戸二幸氏と書道揮毫パフォーマンスコラボレーション
和歌山県観光振興課主催 高野山・熊野を愛する100人の会メンバー就任

2020年

和歌山県観光課 GO TOキャンペーンポスター題字【和】を揮毫
MOA美術館にて、「祈」書道パフォーマンスビデオ撮影
レクサスコラボレーション、題字揮毫
「平和への希求」書道パフォーマンス生ライブ配信(国際文化会館)
日本芸術文化戦略機構設立記念講演、書道パフォーマンス(宝生能楽堂)
【書と茶の湯の共鳴】茶道会館にてライブ配信
強羅花壇にて展覧会開催
神奈川県代表書道家展覧会出展

2021年

横浜ニューグランドホテル、新春書道パフォーマンス•コラボ
香里能楽堂55周年記念講演、書道揮毫パフォーマンス
キンプトンホテル東京にて ROGEN SUMI ART Time for Dreaming 展覧会開催
渋沢栄一 茶室 無心庵再興茶会 書道揮毫パフォーマンス

2022年

第四回 書巌の會臨書展覧会 銀座上田ギャラリーにて開催
公益社団法人 宝生会 春日教室講師就任
読売テレビ制作 日テレ全国放送 ウェークアップ 書道家・露巌が描く変わらない空海のこころ ドキュメント出演
artKYOTO2022 京都二条城 初NFT化作品【枝花】出品
三越 お帳場通信 2022秋冬号から 書を楽しむ。連載開始